アダラートの40mg錠2回投与が可能に

今や日本国民は、ある程度の年齢になると高血圧症を発症する人が多くいます。
日本人は食生活文化の中で塩分の摂取を好むために、発症しやすいといわれています。

そこで、以前から高血圧症を治療する薬剤があります。
その中でもアダラートは歴史が古く、また研究開発が進められて時代とともに使いやすい薬剤へと進化を遂げている薬剤です。

最初はカプセル製剤で発売され、その成分用量は5mgカプセルと10mgカプセルでしたが、次にL錠が発売され10mg、20mg錠となります。
現在ではCR錠が発売され10mg、20mg、40mgがあり、選択の幅も広がっています。

また、カプセル製剤、L錠、CR錠になるにつれ、1日の投与回数もそれぞれ1日3回、2回、1回と減らすことが可能になります。

従って、高血圧症に悩む患者様に対してアダラートは、1つの成分でその病態にあわせた製剤を選択することが可能な製剤なのです。

また研究開発は留まることを知らず、近年でも続けられています。
その結果、今までは1日1回の投与しか認められていなかったアダラートCR40mg錠に対して1日2回投与が可能になったのです。

このことにより、今までの40mg錠の投与では改善が認められなかった高血圧症の患者様に対して、治療の幅が広げることができたのです。

しかし、この投与方法は高血圧症にしか適応がありません。
従って、アダラートを狭心症や腎血管性高血圧症などの場合には適応がありませんので注意が必要です。

今や日本国内には高血圧症で悩む患者は数多くいます。
現在もたくさんの薬剤が販売され、多くの患者様が服用されています。

アダラートCR40mg錠が1日2回投与が可能になったことで、高血圧症で悩む患者様の救いになるに違いありません。

■こちらも高血圧に有効な治療薬です
ノルバスクのご購入ならこちら
ミカルディス
コバシル