パイナッツプルと地竜エキスのアダラートとの関係

食品と薬剤は思わぬ影響をもたらすことがあります。特に効果が大きな薬剤はある食品との反応や食品による2次的な絵影響をとても強くうけてしまう傾向があります。アダラートのその1つです。アダラートはカルシウム阻害剤とも言われ、血管内でカルシウムが吸収されるのを防いでくれます。血管はカルシウムを吸収すると収縮する性質があるのでカルシウム阻害剤は血管収縮を防ぐ薬として重宝されています。血管は収縮すると血液の流量が減り血圧が上がります。逆に血管が広がれば血流が落ちて血圧が下がる事になり、アダラートは血圧を下げる薬として利用されているのです。高血圧症の方にはお馴染みの薬でもありますが、効き目が強いので処方はもちろんですが、食事や他の薬との併用には注意が必要です。アダラートは血圧を下げますが、逆に血圧を上げてしまう食品としてパイナッツプルがあります。パイナッツプルはセロトニンを増やしてしまう食品と考えられています。セロトニンが増えると高血圧になってしまう恐れがありますのでパイナッツプルはアダラート処方時には避けたい食品と言えます。また、食品ではアダラート自体の分解を阻害する食品であるグレープフルーツも注意が必要です。グレープフルーツによって薬が分解されないと効き目が現れずカルシウム阻害剤としての役目を果たせません。他の薬との併用については地竜エキスなど血圧を結果として上げてしまう薬も注意が必要です。地竜エキスは解熱鎮痛薬としてよく利用されていますが、地竜エキスの成分によって血圧を下げてしまう効果があると言われています。風邪の時によく使われる薬の一種でもあるのでアダラートとの併用は命の危険があるほどの相乗効果となってしまうこともあるようなので注意が必要です