本態性症でのアダラートの役割と高血圧性脳症への理解

生活習慣病において恐れられている高血圧症は本態性症であり、生活習慣に原因があって血圧が高い状態が維持されてしまっている疾患を指します。本態性症の場合には高血圧をもたらしている原因疾患がないため、治療が長期戦になることも稀ではありません。そのため、アダラートのように一日一回の服用でよい薬剤が処方されて高いコンプライアンスを期待することになります。アダラートはもともとは短時間しか作用しませんでしたが、剤形変更によって徐放性のアダラートが開発され、日常的な血圧管理に有用なものとなっています。そういった開発経緯もあって多くの医師によって選択される薬剤となっているのがアダラートです。
本態性症が長引いてしまい、コンプライアンスが悪くなってアダラートを飲まないことが増えると血圧が高い状態が続いてしまいがちになります。そうなると高血圧性脳症や動脈硬化のリスクを高めていってしまうことになってしまいます。そのため、高血圧性脳症や動脈硬化の恐ろしさについての教育を行って、血圧を正常域に保つことの重要性を理解してもらうことが重要になります。また、動脈硬化には高血圧症と同様に自覚症状を伴わないことが多いというのが難点ですが、高血圧性脳症の場合には自覚症状が生じるのでリスクの高い患者には自覚症状についての理解も促すことが大切です。典型的なものは頭痛や耳鳴り、めまいと行った症状であり、吐き気や嘔吐を伴う場合もあります。症状が悪い場合には意識の喪失を伴うこともあるため、周囲の人たちへの注意喚起も同様にして必要となります。こういった症状が現れた際には速やかに医師に相談するように重篤となる事態を避けて治療を行っていくことができるようになるのです。